『固まって溶ける床暖房』

≪大阪府 箕面市 K邸 木造2階建て新築工事≫


DSC04653.JPG

たくさんの白い「まな板?」のような物が、現場に搬入されました。
実はこの「まな板君」、なかなかの優れもの。




DSC04656.JPG

よくある床暖房とは少し違います。
なにが違うかと言うと、暖めると蓄熱しながら固まり、
冷えると溶けながら放熱する「まな板君」を深夜電力を使って暖めます。



DSC04640.JPG

設置の際の注意点は、下地のベニアの上に均一に木を並べ、固定していきます。
綺麗に掃除をすることもお忘れなく。



DSC04662.JPG

リビングも、



DSC04658.JPG

キッチンも、



DSC04659.JPG

ダイニングも、



DSC04663.JPG

廊下も、



DSC04665.JPG

書斎も、



DSC04667.JPG

便所も見事に設置完了。



DSC04645.JPG

ところで大工さんはと言うと・・・

床暖房は1階だけ。
なので、足早に2階に非難。



DSC04668.JPG

いえいえ、非難なんて失礼しました。
1階は床暖房屋さんに譲り、2階で天井の下地工事をしてくれていました!
ありがとう!!大工さん!!

▲ Top of Page