庭のあるマンションリノベーション

『夙川借景を望める 庭のある中古マンションリフォーム計画』



マンション外観
兵庫県西宮市の中央より少し西に位置した夙川。
上流に行けばまだまだ自然が残っています。

きれいに整備された両岸の遊歩道や公園、

ジョギングや散歩をする人たち・・・





マンション専用庭

そんな夙川で築30年のマンション(西宮市獅子ヶ口町)のリノベーション計画が始まります。

このリノベーション計画中の物件は1階の専用庭付き、専用面積75平米の3LDKです。

ここをSOHOにも対応できるワークスペース付のプランに変更する予定です。


この物件を気に入った理由は、とにかく専用庭からの眺めが最高です。普通、マンションの専用庭と言えば、通行人の視線が気になったり、日当たりが悪いとか塀で何も見えないというのが多いですね。



マンション内部
しかし、ここの庭は地盤から2mほど上がっているため、視線は気になりません。

何よりも街中では絶対に手に入らない緑豊かな借景、最高のロケーション・・・希少性はかなり高いですよ。

間仕切りが多く、決して使い勝手の良いと言えない今の間取りが、無垢の木をふんだんに使った今回のプランで、どのように変わるのか今から楽しみです。



『大工さん参上!!』


予定通りに解体工事も終わり、いよいよ大工さんの出番です。

床調整




大工さん、只今、

床のレベル調整中です。





廊下からリビング


「暑いね!」

この季節は“おはよう”より先に出てしまう言葉です。

現場は、暑い・・暑い・・暑い・・・?!

んっ?ちょっとまてよ。

意外と暑くないぞ!


そうなんです。
夙川の川風と、間仕切り壁を解体したおかげだと思いますが、
専用庭から玄関にかけて涼しい風が入ってきます。
夏に涼しい風が通る家って、気持ちいいものですね。

天井下地 床下地

天井の下地と、床の下地を終え、次回からフローリングを貼っていきます。



『マンションの床の仕上げは、無垢のフローリングです!!』


マンションのフローリングって、みなさんどんなイメージをお持ちですか?
「マンションの床=テカテカ・フアフアの床」
と、まぁ、こんな具合でしょうか。

本来、マンションで使用するフローリング材には
下階の方に騒音でのご迷惑がかからないように、
防音性能のあるフローリングを使用します。
そのフローリングの裏面についている防音材に、クッション性能がありフワフワします。
テカテカなのは、劣化・汚れ防止の為、塗料が塗ってあるからです。

今回は1階のお部屋という事でフローリングについての制限はなく、
マンションでは珍しく、無垢のフローリングを貼りました。
フローリングと言ってもたくさん種類があり、
使用するフローリングによってお部屋の雰囲気が違ってきます。
詳しくはこちらまで

リビング東 床施工 リビング西 床施工
リビング東 床施工 ズーム リビング西 床施工 ズーム



『天井に無垢の板を貼りました!!』


寝室の天井に無垢の板を貼りました。
これで、床も天井も無垢の木です。

寝室天井

発汗は寝ている時におこります。
その発汗で高まった湿度を、無垢の木で調湿。
きっと、寝心地の良い寝室になること間違いなしです!!


寝室間接照明.JPG

こちらには間接照明が入る予定です。



『少しレトロな・・』


しばらくお伝えしていませんでしたが、
着々と工事は進んでいます。

リビング 大工工事 畳の間 大工工事
いよいよ大工工事も最終段階に入り、間取りがわかるようになってきました。
部屋を間仕切った壁を取り除くと、こんなに広々と見えるのには、驚きです。


今日はタイル工事です。

キッチン タイル施工

このレトロ感を漂わす白いモザイクタイルを、対面カウンターキッチンに貼るプランで
かっこいいキッチン空間になりそうです。



『竹炭ケナフウォール』


大工工事が終わり、少し寂しい・・・

私は大工さんの仕事を見ているのが大好きです。
「ガン、ガン、ガン、トン、トン、トン、ドッドッドッ・・」
日に日に形が出来て行く現場は、ホントに楽しいです。

ですが、マンションの現場は少し違います。
大工さんの仕事を見ているとハラハラ、ドキドキします。
原因はこの音と振動。
ご近所の方にどれだけ響いているのか?
「ガン、ガン、ガン、トン、トン、トン、ドッドッドッ・・」
私は気になったので、廊下に出てみたり、最上階に上がってみたりしましたが、
残念ながらかなりの音が響いていました。
驚いたことに、すぐ上の階よりも、最上階の方が響いていることも・・・

大工工事が終わると、お詫びと大工工事終了のお知らせチラシを作り、
ご近所の方にお配りしました。

長い間、騒音や振動に一言も文句も言わず、
我慢して頂いたマンションご入居の方々に心から感謝します。


DSC03947.JPG DSC03977.JPG

大工工事が終わるのと同時に、内装仕上げ工事と続いていきます。
まずはクロス工事。
今回のクロスは、「竹炭ケナフウォール」を採用しました。

竹炭ケナフウォールとは・・
世界で初めて非木材パルプを用いた壁紙として非木材紙普及協会より認定を取得した「ケナフウォール」に、多孔質な竹炭の特性である「消臭性」「吸収湿性」「通気性」付与した高機能壁紙です。しかも竹炭パウダーの原料である竹は、非木材繊維に属し、ケナフ同様、枯渇しない資源として注目されています。(東リHPより)



『いかにオーダー家具を配置するか!?』


背面収納



プレザントワークスのリフォームには、よくオーダー家具をご提案させていただきます。
私たちの施工例を見ていただくと、ほとんどのお家にオーダー家具を採用しています。

お客様に合わせた、「機能・価格重視」の家具もあれば、おまかせの「デザイン重視」の家具もあります。
おまかせと言われても、もちろん、お客様のご希望を聞き、図面作成、見積りと何度も打合わせを重ね、納得してからの家具製作を行わせて頂いています。

しかし、工務店の側からするとオーダー家具は大変なのです。



詳細な打合わせや、家具製作用の図面、家具の専門的な知識を要します。
もちろん、既製品の家具と比べるとコストアップになります。一般的な工務店では、『時間がかる・よくわからない(家具の知識)』と言うことで敬遠されているところもあるそうです。

では、なぜ、手間がかかったり、コストアップになるオーダー家具を提案するのでしょうか?

ひとつは、オーダー家具と得意とした工務店で、オーダー家具の専門的な知識を学び、オーダー家具の良さを知っているからです。
もうひとつは、無駄な空間になってしまわないように、いかにオーダー家具を配置するか?オーダー家具を通して、暮しの提案をすることにより、いかに心地よい生活をしていただけるか?
そして最後に、デザインの良いカッコイイ家具が好きだということです。

私たちは真剣に、暮しの中のオーダー家具について考えています。
こちらの家具もそのひとつです。

キッチン 吊戸 キッチン 背面カウンター



『照明器具は部屋を均一に照らすものだと思っていませんか?』


今日は、良い写真が撮れました。

寝室の壁

寝室に珪藻土。

それを照らす間接照明。

光と影が交差した瞬間です・・っとかっこよく言ってみたものの、

寝室にこんなカッコイイ壁いりますか?

のび太君並みに寝つきの良い人には、あまり関心ないかも知れませんね。

実は、この度のマンションリノベーションが完成しました。

キッチン


HPでも完成写真を報告させて頂きますが、

近々に完成見学会も予定しています!!
完成見学会は終了致しました。

ご興味のある方、ご連絡下さい!!






お名前:
ふりがな:
郵便番号: 半角入力:例 012-3456
ご住所: 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス: 半角入力
E-Mailアドレス(確認用): 半角入力
経験や疑問など:

▲ Top of Page