フローリング選びって大変!!

フローリングを選ぶと言っても、どれも一緒じゃないの?
いえいえ、たくさん種類があります。
色、塗装の種類、幅、厚み、質感、汚れ防止など・・・
たくさん種類のある中から、どれを選べば良いでしょうか?

フローリングとは、「ただいま!!」と開けてまず目に入る、「ごろ〜ん」と寝ると頬に当たる、
そんな身近な存在なのです。


【まず種類を知る】


フローリングは大きく分けると、「単層フローリング」「複層フローリング」があります。
「複層フローリング」の方が多く使われています。

● 単層フローリング
無垢材を加工した、無垢フローリングと言われる物のことを言います。
無垢の木の特有な風合いと、経年変化による深み、日焼けによる味わいが出ます。
無塗装品をそのまま使用する場合もありますが、ワックスなどの手入れをすることにより、より深みが出ます。湿度などの住環境に左右されやすく、乾燥による狂いなどもあり、時には床鳴りを起こすこともあります。
工事をする業者が、無垢のフローリングについて専門的な知識があるのは当然ですが、
無垢のフローリングで生活をされる方も、季節によるフローリングの反りや、汚れやすさ、メンテナンス方法等、デメリットも知っておくことが必要です。


● 複層フローリング
木製の表面単板材と中層部分の合板などで出来ています。
表面単板の厚みは、薄板(0.3?前後)中厚板(0.6〜1.0?)厚板(1.0?以上)
となっており、中層部分の基材としてラワンなどの南洋材の合板が支流に使用されています。最近では環境保護などを考えた、松などの針葉樹合板が使われてきています。表面には紫外線硬貨型塗料等の表面保護層が設けられています。
コストが安いや、暴れやそりが出ない、傷が付きにくく掃除がしやすいなどのメリットがありますが、悪い意味で経年劣化するなどのデメリットもあります。


【どのような家・部屋にしたいのか?】


まずはイメージしてみてください。

★ 玄関扉を開け、靴を脱ぎ、フローリングの上を歩きます。

○ やわらかな肌触りで、深みと味わいがあり、少々に傷も味だと言える方
→ 単層フローリングをおすすめ。

○ ピカピカで傷が付きにくい、掃除がしやすく足触りは二の次と言う方
→ 複層フローリングをおすすめ。


フローリングは家の中で一番長い間接している部材と言ってよいでしょう。
それだけ重要なものだと思います。
デザイン性や色使いで部屋の雰囲気が変わり、肌触りや掃除のしやすさで住み心地も変わってきます。慎重に選びすぎて、失敗しない為にも、何を重点において住まい方を考えていくかが重要です。


【お願いです!!】
皆さんの貴重な経験や疑問をお聞かせ下さい。
これからリフォームを考えられている方々にお役立てできれば幸いです。


お名前:
ふりがな:
郵便番号: 半角入力:例 012-3456
ご住所: 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス: 半角入力
E-Mailアドレス(確認用): 半角入力
経験や疑問など:

▲ Top of Page