1階全面改修工事(リフォーム)

写真&文 畑下茂樹

大阪府 高槻市 T邸

DIY モルタルビー玉仕上げ土間 DIY モルタルビー玉仕上げ土間 アップ

タイル仕上げの玄関土間は、Tさんご夫妻のDIYで生まれ変わりました。

最後の仕上げに子供達と一緒にビー玉を埋め、

思っていた以上の仕上がりに、大満足です!!


工事の詳細を紹介しています。こちらをクリックして下さい!!

Tさんご家族は、旦那さんと奥さん、小学生と幼稚園の男の子の合計4人家族です。
今のお家は築20年の中古住宅を1年前にご購入され、
不動産屋さんで少しリフォームされました。

今回は、家の耐震や外壁メンテナンスについてのご相談でしたが、耐震については
20年前ということで、1981年(26年前)に施行された建築基準法に基づく
「新耐震規準」後の建物なので、きちんとした施工をされていれば大きな問題はないと
思います。
しかし、これも何かのご縁。
一度お家を拝見させて頂くことになりました!!


床下調査 天井裏調査


家の天井裏や、床下を点検させて頂いた限りでは、大きな問題点などありません。
床下に関しては床下換気扇が付いていたおかげか、全体に乾いたとても良い状態でした。

打合わせ風景


目視できたものについてや、構造体についてのお話をしていると、
いつの間にか話は内部のリフォームの話へ・・・
家に関するお話は尽きることもなく、
1階の全面改修工事を行うことになりました。

リフォーム内容は、「各部屋や廊下の段差をなくす」、
「無垢のフローリングを貼りたい」、「大きく間仕切りのない空間」、
「ゆったりとした勾配の階段」
などのご希望です。

まずは解体工事から。
残せる部分は再利用しますので、慎重な作業が要求されます。
もちろん、経験豊富な大工さんが解体作業を行います。

解体作業開始 洋室の解体


天井の仕上げは、「シナベニア仕上げ」です。
クロスやペイントなどで仕上げをすることが一般的ですが、
大工さんによるシナベニア仕上げは、住みながらのリフォームで悩む工期短縮や、
デザイン性に優れた仕上げ材です。

天井下地 天井シナベニア仕上げ


階段キザミ工事中です。

階段 側板キザミ 階段 側板キザミ開始 


以前の階段は急な勾配で、何度か子供達が落ちたそうです。
今回はゆったりとした勾配に変え、
材質も「吉野杉」の温かみある無垢の階段に仕上げました。

既存階段 新設階段
        Before                     After

吉野杉 階段 上り口 吉野杉 階段 下り 吉野杉 階段 廻り


2階天井に雨漏れの形跡があり、瓦屋根の点検も行いました。
瓦屋根によくある棟瓦漆喰の劣化と、のし瓦のずれが雨漏りの原因でしたので、
棟瓦とのし瓦の積み替えを行いました。

屋根瓦調査風景 棟瓦 撤去 のし瓦 施工


2階廊下も土佐和紙クロスを貼りました。

2階廊下 土佐和紙クロス施工前 2階廊下 土佐和紙クロス 完成
          Before                   After


便所は全面的に解体しましたので、広さも十分確保できました。

1階便所 施工前 1階便所 完成
          Before                   After


キッチンは新しく、システムキッチン(TOTO)になりました。

ダイニングキッチン システムキッチン TOTO
         

桧集製材のカウンターテーブルです。
大工さんが現場で作ったもので、片側の天板が折りたたみ式になったおり、
W1,750(2,200)xD600xH700と、家族4人が向かい合わせで使うのに
十分な広さです。

カウンターテーブル 天板収納時 カウンターテーブル 天板


掘りごたつ+勉強机+テレビボードです。
こちらも桧集製材で、大工さんが現場で作ったものです。


掘りごたつ 勉強机 テレビボード 玄関前 引き戸

リビング 完成


天井はシナベニア仕上げ、壁は土佐和紙クロス仕上げ、床は信州唐松の無垢板を使用し、
すっきりとモダンな仕上がりになりました。
そろそろ完成です。


そしてここからは、Tさんご夫妻の出番です。

OSMOワックス エキストラクリアー

入居後のメンテナンスの練習を兼ねて、
床と建具と造り付け家具のワックス塗装を行います。
ワックスを塗る目的は、手あか等の汚れ防止です。
ワックスは、OSMO社のワックス(エキストラクリアー)で、
植物油を主な成分とし、フェノール樹脂やホルムアルデヒド
系防腐剤は使用されていないので安心のワックスです。

納戸 ワックス ワックス 施工 

リビングの床を塗る前に、まずは納戸で試し塗りです。
壁際を刷毛で丁寧に塗っていき、その後スポンジで塗り伸ばしていきます。
車のワックスを塗るような要領で、塗り込んでいきますので、相当気力・体力のいる作業です。
その後シナベニア仕上げの木製建具を塗り、リビングの床を塗ったところで作業終了です。


次は玄関土間のDIYです。
現状のタイル敷きの玄関土間を、コンクリートの土間にしたいと言う事で
突然話が盛り上がり、「やってみましょう!!」と言う事で今回のDIYとなりました。
まずは、現状タイルの解体からです。


玄関土間DIYの作業工程
1 現状のタイルを「ハツリ機」を使って解体と廃材の運び出し。(約2時間)

DIY 玄関土間 ガラ集め DIY 玄関土間 ハツリ

2 砂+セメント+水を混ぜ合わせコンクリートを作る。
  同時に、土間に塗りつけていく。(約5時間)

玄関土間 モルタル押さえ 玄関土間 完成

「こんなに大変だったとは・・もっと簡単に考えていました。
でも出来上がりは満足しています!!これをきっかけに他もチャレンジしたいです。」
とTさん。
今後どんなDIYをされるのか楽しみです。

家は住む人と一緒に成長して行きますので、その度にリフォームや増築が必要です。
建て替えという選択もありますが、必要以上に繰り返してきた「スクラップ&ビルド」により、
日本の住宅の平均寿命は26年と言われています。
これからは長く住み続ける家の時代です。


お家のことでのお悩みの方やご相談は、お気軽にご連絡下さい。

※ プライバシーポリシー

お名前:
ふりがな:
郵便番号: 半角入力:例 012-3456
ご住所: 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス: 半角入力
E-Mailアドレス(確認用): 半角入力
お問い合わせ内容:

▲ Top of Page