杉板と和紙

こんにちは、畑下です。

万人に愛されるようなものではありません。
ライフスタイルや価値観が多様化した現在、楽しみ方もいろいろです。

『素朴な材質を選ぶことは楽しみ方の一つ。』

これから『時間』を経て表情を変えていきます。
その過程も楽しむ。

うまく『時間』と付き合ってくれるでしょうか?『杉板』と『和紙』。

箕面 マンションリフォーム 杉 和紙

▲ Top of Page