築31年のマンション


マンションリノベーション 現場実測 風景
こんにちは、畑下です。

先日、現場調査と実測に行ってきました。

築31年のマンション。
間取りは『センターリビング』で、真ん中にLDKがあり、南側に和室2つ、その奥にバルコニーといったタイプです。

閉鎖的で部屋数重視の間取りですが、その時代のトレンドだったのでしょうね。そういえばよく中古マンションのチラシに出ている間取りです。


その後80年代のマンションは「新耐震基準」が導入され構造的、そして生活動線などに配慮したプランが登場するなど、質的にも向上しました。
90年代には設備機能の向上、阪神淡路大震災後の更なる構造への進化が問われ、今では、超高層タワー時代、共有施設とサービスが充実する時代とも言われています。

新築マンションはさまざまに変化遂げ、更なる快適なマンションライフを提供してくれるでしょう。

でもね、中古マンションも変化するんですよ。
リノベーションで劇的に変わりますので、乞うご期待!!

▲ Top of Page