便器の水が・・・

こんにちは、松山です。

朝から冷え込んで寒かったですね~
会社のある箕面市彩都は、1cmほど雪が残っていてブレーキを踏むと、
ズルズルっとタイヤが滑って危ない状態でした。

大阪の人は、雪に慣れていないので、こんな時はほんと大変です。
来る途中で、スリップによる事故も・・・
これから何度かあると思うので、車の運転には気を付けて下さいね。

さて、会社に来ると問題が!?
なんと、給水管が凍りついてトイレができない状況に・・・

一般的なタンクがある便器だと、1回は水を流せるのですが、
会社のトイレは、直接水を流すタンクレス便器。
水を溜めるところがないので、1回も流せません!

そんな時に限って、トイレが行きたくなるものです。
目の前にトイレがあるのに、コンビニへ・・・

11時過ぎにやっとトイレから水が出るようになり、
トイレに行く寒さから解放されました。

因みに、凍った原因は地中に埋設している給水管が、露出していた事が原因でした。

ところで皆さんは、タンクレス派?それとも従来のタンクあり派?
どちらを選びますか?

私は今回の事で思ったのですが、タンクレスの便器は、見た目がスッキリでデザインも良いこともあり選ばれる事が多いのですが、今回の様に給水管が凍ってしまい水が出ない状態になると、ただの邪魔な置物です!

大阪では、年に何度もないので大した事ではないと思いますが、災害時の緊急用水としても使える、タンクあり便器の方が実用的だと思いました。


最後に、この話には落ちがあるのです・・・

私は、メンテナンスでお客さんの所に行っており全く困っていません。
実は全部、畑下の体験談です!
トイレのできなかった話が、面白かったので書いてしまいました。

茂ちゃん(畑下)トイレご苦労さん~(笑)

▲ Top of Page