無垢材をふんだんに使った増改築工事(リフォーム)のオーダー家具

文・写真:松山 禎之

無垢材をふんだんに使った増改築工事

大阪府 吹田市で去年の秋から、基礎と構造材だけを残し後はすべて解体をした改修工事(無垢材をふんだんに使った増改築工事)オーダー家具オーダーキッチン取付けを行ないました。


私が行っても邪魔をするだけと言われそうですが・・・


今回の家具取付けは、下駄箱洗面台及び脱衣収納トイレ手洗いテレビボード、そしてアイランドキッチンです。毎回の事ですが、取付け前の搬入が大変です!と言いますのも家具取付けの時期は、工事の最終段階になので壁の仕上げなどほとんど完成した状態なので、傷を付けないように所定の場所まで運ぶので、体力、精神共にどっと疲れます。
搬入が終わると、私の出番はほとんどありません。
職人さんの邪魔をしているか、小言を言っているかです。


取付をしましたオーダー家具ですが、素材デザインにこだわってみました。私の自己満足かもしれませんが・・・
キッチンやトイレ手洗いの天板に少し赤い色のニアト(南洋桜)とナチュラルな色の米松の柾目の組合せで濃淡をつけてみました。
引き出しや扉の金物は、ドイツを中心とした金物ハーフェレ社の物を使用しています。
スムーズに開閉して、丈夫です!精密機械はやはりドイツですね!!
取付けの時は塗装をしていないのでパッとしませんが、取付け完了後に艶消しのウレタン塗装をする予定で、仕上がると絶対にいい雰囲気を出してくれると確信しています!


施主さんも取付け終了した後に見に来られたのですが、大変喜んでいただきました。


それでは、少し写真でご説明します!

キッチンから取付けが始まりました

オーダーキッチンの取付け

先ずは、取付けの数も多くてやっかいなキッチンから取付けです。毎回そうです!
写真は、レンジフードと吊戸棚(ウォールキャビネット)を水平に取付ける為に寸法を測り、
受け桟を取付けているところです。

それにしても、本当に仲の良い夫婦の製作・取付けをして頂いている、矢野川さんです。
実測もキッチリ出来ていたので、スムーズに取付けが進んでご機嫌でした。
もう一つご機嫌の良い理由は、2月末からご夫婦でヒマラヤに旅行に行くそうで、
取付けをしながらヒマラヤの話・・・寸法間違わないでくださいね!


オーダーキッチン取付け?

レンジフードと吊戸棚(ウォールキャビネット)を取付け、先ほどの受け桟を外したところです。
どうですか!?水平に取付け出来ているでしょう!!後は、扉を付けて、壁との隙間を同じ材料で埋め、ステレスを貼ったらこの面は完了です。※説明の様に簡単には終わりませんが・・・


無垢の木 天板?  無垢の木 天板?

簡単に説明をしましたニアト(南洋桜)と米松柾目のアイランドキッチンです。
天板の厚みは、5.5?で存在感はありますが、重すぎて搬入が大変でした。
ステンレスシンクもオリジナルで、なんと!ステンレスの厚さが1.2?で製作しています。
一般的にメーカーなどで販売されているステンレスの厚みは、0.6?〜0.8?なので違いが分かっていただけると思います。

経験された方は分かると思いますが、熱いお湯をシンクに流したら、『ボコン』と音が鳴る!それは薄いからです。私たちが作るステンレスシンクは、鳴りません!?鳴ったらすいません・・・


070130153722.JPG

これで、取付けは9割完成です!

アイランドカウンターで食事も出来るようになっているので、足元が引っ込んでいます。
しかし、天板の高さが86cmと食卓の高さになっていないので、少し高めの椅子が必要です!
※通常食卓の高さは、70cmです。

食事をされない方は、その部分もキャビネットを入れて収納出来る様にすることもあります。


申し訳御座いません。
朝から体調が悪くて、一番の楽しみで心配でしたキッチンが付いたのと同時に
気が抜けたのか、朝より体調が悪くなり先に帰ったので、写真がありません。
改めて写真を撮りに行った時に、ご報告出来るように致します。


【ご質問、お問い合わせ】

※ プライバシーポリシー

お名前:
ふりがな:
郵便番号: 半角入力:例 012-3456
ご住所: 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス: 半角入力
E-Mailアドレス(確認用): 半角入力
お問い合わせ内容:

▲ Top of Page