京都リノベーション 解体工事その後


こんにちは、畑下です。


京都マンションリノベーション キッチン排気ダクト近隣の皆様に騒音やホコリでご迷惑をおかけしました解体工事が、やっと完了しました。
無事、事故もなく完了してことにホッとしています。

そして早速、お願いしていた電気屋さんが来てくれました。
あちらこちらに垂れ下がった電線はとても危なく、電気屋さんが丁寧に整理をしてくれています。
水道屋さんも、配管のチェックをして頂き、問題なし。
これで、ホントに一安心です。

そして、壁で隠れていたキッチン換気扇の排気配管を見上げ「こんな風になっていたんや!」とお施主さん。
「こちらも見てください。キッチンタイルも剥がすとこんなになるんですよ。」って、ちょっと得意げに説明をさせて頂きました。黄色の部分はタイルを貼るときに使用したボンドの後です。


京都マンションリノベーション 電気整理京都マンションリノベーション タイルはがし後京都マンションリノベーション 束整列京都マンションリノベーション 束

以前、お住まいになっていた状態では、廊下とリビングに10cmの段差がありました。
たいへん危なく、使いにくい。
今回のリノベーションで段差を解消する為に、リビングにの床をあげるのですが、このキノコのように見える、ニョキニョキと整列している物は「束」。
この「束」の上に針葉樹合板を貼り、唐松無垢板を貼ってきます。
次回は、「束」で出来た空間にあるものを施工していきます。お楽しみに!!

▲ Top of Page