ヨットクルーザーの木部(チーク材)をオスモカラーで塗装

こんにちは!松山です。


クルーザーのチーク材をオスモカラーで塗装とうとう梅雨に入りましたね!?

宣言されてから、雨は降りませんが・・・


今回、西宮市にあります「新西宮ヨットハーバー」
ヨットクルーザーの木部塗装に行ってきました。

塗装する木材は「チーク」です。


知っている方も多いと思いますが、少しチーク材の説明をします。
昔から船舶、家具、建築材として広く使われている木材で、
特に船舶には、ほぼチークが使われていると言っても過言ではない材木です。

何故、使われるかと言いますと、材質は硬く、天然の油分があり、水や害虫に強く、加工がしやすい!!文句の付け所のない木材だからです。

しかし、デメリットもあります・・・
なんと言っても、マホガニーと並び高級材なので値段が高い!
昔みたいに船全体に使用する事はほとんどなく一部です。

そんな強いチークでも、雨に当たり、紫外線を浴びれば表面は劣化して、見た目がグレーになり古ぼけて見えるので、ドイツのオスモカラー「デッキオイル」で表面保護をしてきました。

オスモカラーのデッキオイルは、チークの様な硬い木でも内部まで浸透しやすく、ペンキやニスの様にメクレたり剥がれたりしないので、最適な塗料です!


オスモカラー塗装途中

オスモカラー塗装途中
左の写真は、一回目の塗装途中ですが、
色の違いがハッキリしてます。

オスモカラーは、塗ってから布で拭き取り、
ある程度乾いてからもう一度、繰り返します。

※注 塗りっぱなしにすると、木目が無くなり、コッテリとしたペンキ仕上になってしまう恐れがありますので、必ずふき取りましょう!!


オスモカラー塗装完了

オスモカラー塗装完了
そして、2回塗りした写真です。
どうですか!綺麗でしょう!!

チーク本来の色になりました。

これで、雨が降っても大丈夫でしょう!!
※それにしても、影がないので暑かった(汗)


お家の外壁、デッキや木の塀がある方は、塗装をすれば耐久年数がグーンと長くなります。
この機会に塗装してはどうですか!?

高所や自分で塗装するのが面倒臭い方は、業者に頼むのが一番です!

結構、疲れます。。

▲ Top of Page