床下点検をしてきました!

床下の点検


 高槻市でリフォームをする事になり、事前調査に行ってきました。
今回のリフォーム内容は、築28年木造在来工法の家をのリフォームです。
1階がキッチン・ダイニング・リビングと3つに区切られた空間を一つにし、
広く明るい、ご家族が楽しくなる空間、急な勾配で危険な階段を、ゆるやかで安心できる階段に架けなおすのが主な内容です。
 しかし、リフォームはしたいけど、家の耐震性は・・・?と一番心配されており、
家の状態が悪ければ、空間を広げるリフォームを諦めてでも、
耐震補強をしたいと言うのが一番の希望でした。
そこで今回、床下に潜り基礎の状態や、土台・大引・束・根太と言った箇所を点検しました。

床下点検を写真でご説明します。


061121201731.JPG

今回は、キッチン前に床下収納庫があったので、そこから点検を開始しました。
※家によっては、押入れの中や畳の下などに、入れる点検口がある事が多いです。


061121201703.JPG

床下に入って直ぐに見えたのが、写真の強制床下換気です。
土の状況を見るまでは、正直効き目はないと思っていましたが、
以外に乾いていてびっくりしました。
※しかし、強制換気のスイッチが無い様で一年中、動きっぱなしだそうで、
 リフォームの時に、スイッチを付ける事になりました。


061121201704.JPG

土台・大引・束それに基礎の状態も非常に良く安心しました。


061121201706.JPG

床下に潜っているのは、弊社の畑下です。
大抵床下は、湿気が多く服が濡れる事が多いので合羽を着るのですが、
乾いていたので、濡れると言う意味では必要が無いぐらい、
床下は良い状態です!


床下点検を実施した結果をお客さんに説明し、安心されたので、
今回、希望のリフォームを行う事になりました!

※リフォームをする前には、点検をして家の状態が良いのを確認してから、
 具体的なリフォームの内容を決めていきましょう!!


ご質問、お問い合わせ

▲ Top of Page