「中庭のある家」新築注文住宅

大阪府 箕面市 K邸 『中庭のある家』新築注文住宅  写真&文 畑下茂樹


箕面の山 風景北摂地区の中でも絶大な人気を誇る、箕面市。

自然と文化の中で独自の「箕面らしさ」を作りあげてきました。

箕面の美しい山並みや、手入れされた町並みを見ていれば、暮しの景観を大切にする人たちの気遣いが伝わってきます。

この度、環境の良い箕面市でお住まいを考えられたKさんは、「安らぐ家は間取りで決まる」の著者 上田康允氏(上田康允デザインコラボ 代表)に家づくりについてのご相談をされました。

その後、上田康允氏の事務所が遠方の為、工事着工からの細かな打ち合わせや、施工については私たちが中心で進めていくこととなりました。


外観 植栽リフォームとは異なり、何もないところから造り上げていく新築のお家。

家づくりの楽しさがKさんに伝わり、私たちと一緒に笑顔で家づくりをして頂きたい。そのような想いが通じたのか?たいへんすばらしい『中庭のある家』が完成しました。

そして、気になるお家のプランはと言いますと・・・

「開放感のあるバルコニー・中庭」、
「こだわりのオーダー家具」、
「奥さんこだわりのキッチン」、「40cmの段差がある和室」、
「たくさんの収納」、「SOHOスペースの造作本棚」、

などなど、なんだか楽しそうなお家です。


「開放感のあるバルコニー・中庭」

まずは、外観から。
バルコニーや塀には「信州唐松」を使い、隣地との仕切りを作ることで程よいプライバシーが確保できました。高級な質感の外壁に、無垢の素材感と絶妙なバランスです。


外観 正面バルコニー
玄関外観玄関アプローチ玄関


中庭の目的としては、採光や通風の為に設けられることが多い。今回もその役割をキッチリ果たしつつ、「イペ材」デッキは視覚的な部屋の広がりにも一役かっています。


中庭 内部から中庭 外部から中庭 正面


「こだわりのオーダー家具」

玄関とリビングには、奥さんのお好みの落ち着いた色の家具で統一しました。
材質は「ウォルナット」。ウォルナット材とは・・・落葉広葉樹、くるみ科。アメリカ東部などが主な原産地。木質はやや重硬で狂いが少ない。木肌が美しいので、古くから高級家具や工芸品に使用されている木材。


ウォルナット材質リビング テレビ台
リビング 吊戸棚玄関 下駄箱 正面玄関 下駄箱 側面

ダイニングの背面収納は、本も収納できるようになっています。
材質は「ブナ」。ブナ材とは・・・落葉広葉樹、ブナ科。日本の広葉樹の中でもっとも多い樹種。木質は均質で、特に曲木加工に適する。主に家具材に用いられ、スキー板、玩具材、楽器の鍵盤などに使用されている木材。


ダイニング 本棚ダイニング 本棚 正面


「奥さんこだわりのキッチン」

INAXのシステムキッチン。グレードに応じて、細かな要望にも応えてくれます。
ショールームで何度も打合わせをした結果、白を基調としたスッキリとしたデザインのキッチンになりました。


システムキッチン シンクシステムキッチン バック収納
システムキッチン リビング側からシステムキッチン


「40cmの段差がある和室」

和室に段差をつけたことには2つメリットがあります。まず1つは、畳の下の空間を利用し、引き出しを設け収納量を増やすこと。もう1つは、お年寄りにとって大変な立ち上がり動作のストレスを、40cmの段差を利用することにより軽減できること。


畳下収納 畳下収納 引き出し
畳の間畳の間 障子全開畳の間 障子


「たくさんの収納」

着替えることと、収納することだけを目的とした「着替え室」。既製品の収納パーツを組み合わせ、収納する物の変化に対応できるようにしました。

また、全自動洗濯機を使う方には気になる上部スペース。吊戸をつけることにより、無駄な空間も上手く使えます。


着替え室 着替え室 収納洗濯機上収納


「SOHOスペースの造作本棚」

お家でもお仕事をすることが多いご夫婦の「仕事部屋」。仕事部屋にこもるのは人だけではなく、本など独特の臭いもこもります。だからこそ、本棚や机は桧の集成材で作りました。気分は、ちょっとした森林浴でしょうか。桧の良い香りで仕事の効率も上がること間違いないでしょう。


SOHOスペース 収納SOHOスペース 本棚 机SOHOスペース 本棚


「いろんなお部屋」

全体的に白を基本としたシンプルなお家です。これから家づくりをお考えの方の参考になれば何よりです。


寝室便所 便器
洗面ユニットバス便所 手洗い器
階段リビング植栽 板塀

最後に・・
いかがでしたか?
家づくりのご参考になられましたか?


今回のお客様は、私たちの予想以上に、大変お喜びになっていただけました。
なぜ、そこまで喜んでいただけたかと色々考えてみました。

『たくさん話をして、楽しく家づくり、信頼関係作り。』

回数だけでなく、内容のあるコミュニケーションでした。
コミュニケーションの回数は、「信頼」と言う大切なものを作ってくれました。


お客様の思いの詰まった家づくりには、コミュニケーションは欠かせません。
これからの家づくりに参考にして頂ければ何よりです。


▲ Top of Page