屋根裏のすてきな丸太の梁 京町家リノベーション

京都 屋根裏のすてきな丸太の梁 京町家リノベーション


築90年 京町家リノベーション 鍾馗さん.JPG京町家が並ぶ通りを歩いていると庇の上に見かけます。

一体何者なのか?

長いひげを蓄え、剣を持つ右手。

見開いた威圧感のある眼。

時には鬼を踏みつける姿も。

しかし、悪者ではなさそうです。

むしろ、庇の上から邪気を追い払ってくれる神様だそうです。

鍾馗(しょうき)さんを付けてほしいとご依頼を頂きました。

2階のリノベーション工事のご相談も。


京町家に鍾馗さんが乗っている姿は、京都を代表する姿の一つですね。

そんな姿を大切に大事にしていきたいと思っています。


築90年 京町家リノベーション 二階の中の間.JPG

続きを読む

▲ Top of Page

京町家へとやさしく生まれ変わる 京町家リノベーション

京都 京町家へとやさしく生まれ変わる 京町家リノベーション

左京区 戸建リノベーション 解体.JPG

左京区の下鴨神社付近で「加茂川」と「高野川」が合流し、ひとつの川になります。

しかし、呼び名は「かもがわ」。

同じかと思えば「鴨川」と書きます。

たいへんややこしいですね。


合流する川の土手は、ちょっとした憩いの広場があり、桜の季節にはお花見を。

その近くでご購入された建物は、古いお家でした。


完成は「京町家のイメージで」とお客様。

そっと私たちがサポートさせて頂きました。


左京区 戸建リノベーション 玄関格子戸.JPG


異なるいくつかの物(想い)が上手く重なれば、良いものができます。

お客様の想いと私たち想いがたくさん詰まった新しい家。

建物を好き勝手触るので無く、建物の声も聞きながら、相談しながら。

続きを読む

▲ Top of Page

火袋を上がっていく 京町家リノベーション

京都 火袋を上がっていく 京町家リノベーション

京町家リノベーション 火袋 壁 柱.JPG

京町家の「通り庭」。

それは、玄関から奥の庭まで続く土間のこと。

「うなぎの寝床」と言うと、みなさん、なじみがあるでしょうか。

「通り庭」は京町家の炊事場として、長年、日々の暮らしを営んできました。

火を入れたおくどさんから上がる煙は、もくもくと大きな吹き抜け「火袋」へと包まれていきます。

見上げれば、その壁は一面「すす」だらけ。

幾年月にわたり炭素原子で構成された、殺伐とした存在感漂う「薄黒い壁」。

この京町家の「火袋」は、新建材の壁に覆われ、2階の物置に姿を変えていました。

しかし、そのことが幸いしたのか、とても良い状態で保存されていました。

今、この時を待ち望んでいたのかも知れませんね。

京町家リノベーション 2階 木製ハシゴ .JPG

今回、ご紹介させていただく『火袋を上がっていく 京町家』。

玄関を入ってすぐのキッチンから、奥に広がるリビング。

存在感のある火袋の薄黒い壁を通り抜け、2階に上がる。

ライフスタイルの変化と共に間取りを変えていけるように、2階に広がるフリースペースはあえて壁を造らず。

続きを読む

▲ Top of Page

受け継がれていく 京町家リノベーション

京都 受け継がれていく 京町家リノベーション


IMG_京町家リノベーション 外観 既存 .JPGこの「路地の京町家」には、祖父母が住んでいらっしゃいました。

今度はお孫さん夫婦が住まいになられます。


受け継がれていく・・・。


大切に使われていたこの京町家を、

たとえば、「壊す」のではなく「残す」事を選択してみる。


「捨てる」のではなく、

そこで使っていた木の建具を直して「使ってみる」


主張するのではなく、路地の景色に溶け込むような外観に「復元」してみる。


出来るのであれば、階段は「このまま」使ってみる。


懐かしいような・・・心が温まるようなお家が出来ました。


今回、ご紹介させていただく「受け継がれていく 京町家」

昭和初期の京町家なだけに、老朽化における十分な補強工事には時間を要しました。

オリジナルの間取りは現代の生活には少々不便でありましたので、

開放感のある間取りに変更し、たくさんの収納を設けました。

京町家リノベーション 2階梁の上から .JPG

続きを読む

▲ Top of Page

築90年 京町家リノベーション

京都 築90年 京町家リノベーション


京都 京町家 リノベーション 子供と和室春夏秋冬そのとき、その時々の、四季の情緒に触れられる
観光名所『京都』

その華やかなイメージとは異なり、
北・西・東と三方が山に囲まれた盆地では、夏はじめじめと
蒸し暑く、冬は山が近いせいでしんしんと
冷え込む日が多い。

四季の気候がはっきりしていますので
町の表情に情緒があるのですが、
それだけにあまり生活に適した地域とはいいがたいですね。

この京都に独自の文化を築いた『京町家』

厳しい自然と共存してきた人々の知恵と工夫がたくさん詰まっています。

これからご紹介する、築90年の京町家のリノベーション

間取りは変えず、古さを残しながら出格子漆喰壁を復元させました。


京都 京町家 リノベーション 火袋 照明京都 京町家 リノベーション 左官職人京都 京町家 リノベーション キッチン京都 京町家 リノベーション 玄関 夜景

続きを読む

▲ Top of Page

内サッシを無垢の木で作った箕面のマンション

箕面市『内サッシを無垢の木で作ったマンション』  写真:松山禎之 文:畑下茂樹


窓が多いからでしょうか、箕面の山の方からは柔らかな風が流れてきます。
それと、太陽の日差しが本当に心地いい。

打ち合わせ当初、『旅館のようなイメージで。』と雑誌の切抜き写真を頂きました。
落ち着いた雰囲気がお好みだと、そのお人柄からも伝わってきました。
素材も落ち着いた雰囲気のものが好みのようです。

無垢の木や自然素材って、表情を変えていきます。
それは、日差しによる色あせであったり、削れや傷であったり。
『時間』を用いることで、その経過までも楽しめる。
価値観が多様化した現在の楽しみ方のひとつとも言えますし、
今回のお客様にピッタリの楽しみ方だとも思います。
ジーンズのように穿きこみながら変化を楽しんでいただければ幸いです。

素材:吉野杉、八代イ草、国産の竹やわらの和紙クロス、鳥取の智頭杉のブラインド

箕面マンションリフォーム 八千イ草

続きを読む

▲ Top of Page

中古住宅リノベーション

箕面市『信州唐松の無垢板と土佐和紙の家』  写真&文 畑下茂樹


箕面 中古住宅リノベーション 周辺中古住宅を購入して、リフォーム又はリノベーションをするとなると、わからない事ばかりです。すべてにおいて戸惑い、不安です。

今回のお客様も例外ではありませんでした。

お問い合わせを頂いた時には物件のご購入を決め、リフォームも不動産屋さんのプランで行おうと・・・でも・・・そのリフォームプランを眺めながら、悶々する毎日。

やはり、新たなライフスタイルには間取りを変え、開放的な家にしたい・・・。

箕面 中古住宅リノベーション リビング箕面 中古住宅リノベーション 解体完了

続きを読む

▲ Top of Page

「中庭のある家」新築注文住宅

大阪府 箕面市 K邸 『中庭のある家』新築注文住宅  写真&文 畑下茂樹


箕面の山 風景北摂地区の中でも絶大な人気を誇る、箕面市。

自然と文化の中で独自の「箕面らしさ」を作りあげてきました。

箕面の美しい山並みや、手入れされた町並みを見ていれば、暮しの景観を大切にする人たちの気遣いが伝わってきます。

この度、環境の良い箕面市でお住まいを考えられたKさんは、「安らぐ家は間取りで決まる」の著者 上田康允氏(上田康允デザインコラボ 代表)に家づくりについてのご相談をされました。

その後、上田康允氏の事務所が遠方の為、工事着工からの細かな打ち合わせや、施工については私たちが中心で進めていくこととなりました。


外観 植栽リフォームとは異なり、何もないところから造り上げていく新築のお家。

家づくりの楽しさがKさんに伝わり、私たちと一緒に笑顔で家づくりをして頂きたい。そのような想いが通じたのか?たいへんすばらしい『中庭のある家』が完成しました。

そして、気になるお家のプランはと言いますと・・・

「開放感のあるバルコニー・中庭」、
「こだわりのオーダー家具」、
「奥さんこだわりのキッチン」、「40cmの段差がある和室」、
「たくさんの収納」、「SOHOスペースの造作本棚」、

などなど、なんだか楽しそうなお家です。

続きを読む

▲ Top of Page

長屋リフォーム

写真&文 畑下茂樹

大阪府 大阪市 K邸


P1010867.JPG080710171242.JPG080710171456.JPG

この度、長屋のリフォームが完成しました。

立地は大阪市内の駅近で好立地。
病院や商店街も近くにあり、生活するには何不自由ない環境です。
ご依頼を受け、初めて現場を見に行った時は、まず、お家の古さに驚きました。
そして内部を見ていくと、

「続き長屋を切り離しているので強度は問題ないか?」

「お隣さんと共同で所有している壁はどのように施工すれば良いか?」

「予算の中でどこまで手を入れれるのか?」など・・・

続きを読む

▲ Top of Page

1階全面改修工事(リフォーム)

写真&文 畑下茂樹

大阪府 高槻市 T邸

DIY モルタルビー玉仕上げ土間 DIY モルタルビー玉仕上げ土間 アップ

タイル仕上げの玄関土間は、Tさんご夫妻のDIYで生まれ変わりました。

最後の仕上げに子供達と一緒にビー玉を埋め、

思っていた以上の仕上がりに、大満足です!!


工事の詳細を紹介しています。こちらをクリックして下さい!!

続きを読む

▲ Top of Page

1階全面増改築工事(リフォーム)

写真&文 畑下茂樹

兵庫県 尼崎市 I邸

着工前 外部完成


「今のうちにリフォームをして、新しい設備機器になれておかないと、
歳を取ってからではややこしいボタン操作は、覚えられないわ。」

と奥さん。
定年前と言っても、まだまだ現役で仕事をされているIさんご夫婦の、
お家のリフォームが完成となりました。


工事の詳細を紹介しています。こちらをクリックして下さい!!

続きを読む

▲ Top of Page

全面改修工事(大規模リフォーム)

写真&文 畑下茂樹

大阪府 吹田市 O邸

外観 1  外観 2

外観バルコニー  玄関エントランス

リフォームの規模としては、これ以上はないでしょう。

解体を始め完成まで約半年間、予想を上回る良いお家ができました。

続きを読む

▲ Top of Page

バルコニ−の雨漏れ

写真&文 畑下茂樹

兵庫県 尼崎市 O邸

タイルに亀裂

「どこに亀裂が入っているのかな?」

「えっ?!」

「なんで?あんなところに!!」

詳しくは、<続きを読む>をクリックして下さい!!

続きを読む

▲ Top of Page

中古住宅再生(リフォーム)

写真&文 畑下茂樹

大阪府 豊中市 O邸

外壁塗装前外壁塗装完了


築11年の中古住宅を購入され、「外壁の塗り替え」、「キッチンのリフォーム」、
「フローリングを無垢材に」、「壁を漆喰壁に」、「お風呂をユニットバスに」、
「階段の移動」、「中庭にデッキを」などのご要望です。

詳しくは、<続きを読む>をクリックして下さい!!

続きを読む

▲ Top of Page

自然素材(無垢材)と家具にこだわった写真集




外観




続きを読む

▲ Top of Page